千葉県で不動産を売却するときに知っておきたい流れと準備しておくもの

2021-08-24

千葉県で不動産を売却するときに知っておきたい流れと準備しておくもの

この記事のハイライト
●不動産売却なら専任系の媒介契約がおすすめ
●売却活動は内見を成功させることが重要
●物件のメンテナンス情報を準備しておくと購入希望者にアピールできる

不動産をはじめて売却するときには、どのような流れで進むのかをあらかじめ把握しておくと戸惑うことがありません。
この記事では、船橋市や市川市をはじめとする千葉県で不動産の売却をご検討中の方に向けて、引き渡しまでの一連の流れを解説します。
土地や家を売却するにあたり、準備しておくこともご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の媒介契約までの流れ

不動産売却の媒介契約までの流れ

まずは、不動産を売却すると決めてから、不動産会社と媒介契約を結ぶまでの流れをご紹介します。

相場をチェックする

不動産を売却するときには、不動産会社に駆け込む前に、あらかじめ物件がある地域の相場を調べておくのがおすすめです。
同じエリアにある、似た条件の物件が、どれくらいの価格で売り出されているのか調べてみましょう。
エリア内にある不動産会社の入り口に張り出されている物件情報を見たり、ホームページでチェックしたりするといいでしょう。
相場を把握しておくことで、不動産会社が出す査定価格が適正なものかをある程度判断できるようになります。

不動産会社に査定してもらう

相場を把握したら、物件のある地域に詳しい不動産会社に査定を依頼します。
不動産会社は、そのエリア内にあり、地域情報に詳しい会社を選ぶことが売却を成功させるポイントです。
まずは物件情報などから査定価格を出す「机上査定」をしてもらい、査定価格や不動産会社の対応に問題がなければ実際に物件を見る「訪問査定」に進みます。
不動産売却は、長ければ半年以上の時間がかかることも少なくありません。
不動産会社は、査定価格の高低だけで選ぶのではなく、「パートナーとして信頼関係を築けるか」を重視して選ぶことが重要です。

媒介契約を結ぶ

査定価格に納得して売却すると決めたら、不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約には、以下の3種類があります。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

専属専任媒介契約と専任媒介契約は、1社としか契約が結べず、とくに専属専任媒介契約では、自分で買主を見つけて契約することも認められません。
しかしそのぶん販売活動報告書の提出が義務づけられているなど、熱心な売却活動が期待できます。
一方一般媒介契約は、複数の不動産会社と契約が可能です。
ただし報告書の作成義務もないので、売却に向けての取り組みが見えにくいデメリットがあります。
立地条件が悪い、物件の状態がよくない場合は、積極的に関わってくれない可能性も考えられます。
不動産会社と二人三脚で売却活動を進めたいなら、専任系を選ぶのがおすすめです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の売却活動から引き渡しまでの流れ

不動産売却の売却活動から引き渡しまでの流れ

不動産会社と契約を結んだら、売却活動が始まります。
ここでは売却活動から、物件引き渡しまでの流れをご紹介します。

売却活動をおこなう

物件の売却活動は、以下のように進むのが一般的です。
不動産会社の顧客リストをあたる
まずは、不動産会社が保有している、物件を探している顧客のリストから、適した人がいないかをチェックしてもらいます。
この段階で購入希望者が見つかると、売却活動に手間と時間をかけることなくスムーズに売却まで進められます。
売却活動の範囲を広げる
顧客リストから購入希望者が見つからなければ、売却活動の範囲を広げます。
ホームページに物件情報を掲載する、新聞に広告を出す、チラシを配るなどして購入希望者を探してもらいましょう。
オープンハウスも検討する
広報系の売却活動をおこなっても購入希望者が見つからないときには、オープンハウスを検討することもあります。
オープンハウスとは、一定の期間家を開放し、誰でも自由に家を見学してもらえるようにして物件に興味のある人を探す方法です。
積極的に家を探している人だけではなく、「なんとなく興味がある」程度の層を刺激できることがオープンハウスのメリットです。
場合によっては値下げも検討する
売却活動を進めても、一向に購入希望者が現れない場合は、物件と売却価格がマッチしていない可能性があります。
状況によっては、値下げを検討する必要があるかもしれません。
値下げするか、するならどのタイミングかは、不動産会社の担当者とよく話しあって決めましょう。

売買契約を結ぶ

購入希望者が見つかり、条件面で合意に至ったら、売買契約を結びます。
このときに、売買価格の5~10%程度の手付金を受け取るのが一般的です。
売買契約書は、不動産会社が売主用と買主用に、それぞれ1通ずつ作成します。
売買契約書を受け取ったら、署名・捺印する前に、内容を細かくチェックしましょう。
契約書には難しい専門用語が使われていることがあり、よく理解できない部分があるかもしれません。
そういったときは、のちのちのトラブルを避けるためにもあいまいなままにせず、不動産会社の担当者に納得いくまで説明してもらうことが大切です。

物件を引き渡す

契約を結び、買主側の住宅ローンの手続きなどが終了したら、いよいよ物件を引き渡します。
物件の引き渡しは、残金の支払いと抵当権抹消登記、所有権移転登記を同時におこなうことで実施されます。
手続きが完了して買主に物件の鍵を渡したら、売却活動は終了です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れのなかで準備しておくべきこと

不動産売却の流れのなかで準備しておくべきこと

不動産売却の一連の流れのなかで、準備しておくことを3つご紹介します。

必要書類を準備する

不動産の売却に際しては、さまざまな書類が必要になります。
一般的に提出を求められるのは、以下のような書類です。

  • 物件を購入した際の「売買契約書」
  • 所有者であることを証明する「登記済権利証」
  • 土地の境界などが示された「土地測量図面」
  • 建築基準法に沿って建てられたことを示す「建築確認通知書」
  • 家がどのような設計となっているのかがわかる「建築設計図」

築年数が古くて書類を紛失しているような場合には、家を建てたときの建築会社に問い合わせてみます。
建築会社でもすでに破棄されていて準備できないときには、不動産会社に相談してみましょう。

内見に備えて家を美しく保つ

不動産の売却に際しては、購入希望者に対する内見がおこなわれますが、このときの印象が購入の決断を大きく左右します。
そのため内見に備え、家を美しく保っておくことが重要です。
すでに新居に入居し空き家になっているなら、水回りだけでもハウスクリーニングに入ってもらいピカピカにしておくと、購入希望者に好印象を与えます。
もし住みながら売却を進めるときには、家が乱雑に散らかっていると、どれだけ素敵な家でもいい印象は残せません。
いつでも内見を受け入れられるように、不要なものは早めに処分し、すっきりと片づけておきましょう。

メンテナンス記録などをまとめておく

家はメンテナンス状況によって、劣化具合が異なります。
たとえば同じ築20年でも、なにもしてこなかった家と、定期的に外壁や屋根の塗装をしてきた家なら後者を選びたいと思うものです。
これまでどのようなリフォームや点検をおこなってきたのかをまとめておくと、購入希望者に安心感を与え、購入を後押しすることにつながります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声

まとめ

不動産を売却する一連の流れと、準備しておきたいことをご紹介してきました。
不動産売却は、長い期間かけて進めていくため、パートナーとなる不動産会社選びがとても大切です。
株式会社みんなの家本店では船橋市や市川市を中心とした千葉県での不動産売却を、心をこめてお手伝いしています。
不動産売却についてお悩みの方、知りたいことがある方は、ご遠慮なくお問い合わせしてください!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

047-404-5133

営業時間
9:30~20:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ